mirinの気になること

アニメしまじろうのらむりんが消えた理由!にゃっきいって誰よ?

しまじろうのキャラクター、らむりんからにゃっきいに変わる

有名なベネッセの通信教材「こどもちゃれんじ」のキャラクターしまじろう。
その仲間である羊の女の子【らむりん】が2012年に猫のキャラクターへ変わっていたんです。

しまじろうを見て育った世代が親になり、またしまじろうに触れるタイミングでビックリされる方も多いですよね。

いろいろ調べた結果、私が出した結論は次の通りです。

  1. 時代に合わせた新しい家庭事情を持つキャラクターを作る必要があった。
  2. 宗教的理由…「らむ」が食用肉を表す。
  3. 羊が動物として子供にあまり認知度・人気がない。

→こどもちゃれんじ世界展開のためにキャラクター変更の必要があった。

 

この記事では主要キャラクターだったらむりんがなぜ消されたのか】について、上記の結論に至るまでの調査過程をまとめました。

説明:こどもちゃれんじと、らむりん&にゃっきいについて

『こどもちゃれんじ』1988年度、創刊
当初は、しまじろう、とりっぴい、らむりんのみ登場で、みみりんは1991年度に初登場。
引用:Wikipedia

1988年創刊のこどもちゃれんじは2018年春で30周年。

らむりんは一番最初から登場していた、初期メンバーということですね。
みみりんが追加キャラというのも少し意外です。

しまじろうの主要キャラクター変更図

次は問題のらむりんとにゃっきいのプロフィールを見比べてみましょう。

牧場 らむりん(1988〜2012年登場)
ピンクのヒツジをモチーフにした女の子のキャラクターだが、本物のヒツジとは違って、角は生えていない。得意なスポーツは相撲と柔道。他のメインキャラクターに比べて精神年齢は高いようで、「お姉さん的存在」である。男勝りな性格。「怪しい」が口癖。また他のキャラクターが約束を忘れたり、散らかして物が見つからなくなってしまうことがしばしばある中、そういう失敗をほとんどしないしっかり者でもある。

桃山 にゃっきい(2012年〜登場)
2012年度よりらむりんに代わって登場。ピンクのネコをモチーフにした女の子のキャラクター。サッカーなど体を動かすことが好き。らむりんより更に男勝りの性格であり、負けず嫌いで頑張り屋なところがある。にゃっきいの父は別の島で働いており、にゃっきいとは別の家に住んでいるとのこと。

結構なキャラ被りしている印象です。

アイドル枠的なみみりんと比べて、二人とも運動が好きでボーイッシュな性格のキャラクター。

初期メンバーで主要キャラクターでもあるらむりんは何故にゃっきいに変わらなければいけなかったのでしょうか?

らむりん卒業、にゃっきい登場のタイミング

らむりんはアニメ「さよなら らむりん」(2012年3月26日放送(テレビ東京系列)にて父親の仕事の都合でフランスへ引っ越しすることになり、それ以降登場しなくなりました。

教材からも姿を消したようです。

このアニメ回は現在でも特別に公開しているとのこと。
8分ほどの動画で公式HPからYoutubeに飛ぶ形で見ることが出来ます。
私も見ましたがかなり切ないお話なので思わず涙が出そうになりました…

動画「さよなら らむりん」はこちら
アニメしまじろう「さよなら らむりん」

2012年に入れ替えというのは創刊から24年も経っているので家庭・社会の考え方もかなり変わったためキャラクターを入れ替える必要があったと考えられます。

調査:らむりんが消された大人の事情

NEWSポストセブンの取材記事によると、やはり時代に対応し「リアリティ」を大切にするためキャラクターの変更を余儀なくされたとのこと。

「これまで、しまじろうを中心とした『こどもちゃれんじ』登場キャラのお母さんは専業主婦が中心でした。ただ、現状を見たらワーキングマザーも増え、子どもを保育園に預けたり、祖父母の協力を得たりしながら仕事をしているお母さんも多いです。より多くの視聴者に登場キャラと自身を重ね合わせていただきたいのです」

元々女子キャラはウサギの「みみりん」がいたが、「らむりん」と「女の子らしい」キャラとしてかぶりがあった。違いもキチンとは描き切れていなかった反省があったのだという。
引用:アニメキャラの設定には「現実っぽさ」が大切だと制作関係者/NEWSポストセブン


事情はわかるけど、らむりんを卒業させないで、追加キャラクターにすればよかったのでは…?

アニメの主要キャラクターとして5人という数字はよくあるパターンだし見栄えも良いのに…。

例えば、ドラえもん(ドラえもん、のび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫)、
ミッキーフレンズ(ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、グーフィー)など…。

…と思ったんですが、こんな興味深いブログ記事があったので紹介させていただきます。

たまたま知り合いに関係者がいたので、「ほんとのところどうなのよ?」と聞いてみました!すると、おどろきの答えが…!
・らむりんの「らむ」が食用肉を指す言葉だったから
・子どもに馴染みのある動物を考えたときに、ヒツジはそこまで馴染みがなかったから
引用:しまじろうでらむりんが消えた理由は?中の人に聞いてみた。/IT系アラサーOLの悲喜こもごも日記

お知り合いがいたとのことで信憑性のある情報でしょう。
特に名前の「らむ」問題は世界的に考えたら無視できないように思います。

これならにゃっきいの追加だけでなく、らむりんを卒業させなければいけない理由になります。



 

らむりんにはもう一生会えないの?

これまでには1度だけ、2013年10月7日放送にて再び登場したことがあったようです。
今後も何らかの形で出て来てくれることを期待したいですね!

ちなみに2018年の映画「しまじろう まほうのしまのだいぼうけん」では本当にほんの少〜しだけですが登場したところがありました
ネタバレ含むので詳しくはこちらの記事で説明しています。
>>2歳8ヶ月の娘と、2018年のしまじろう映画「まほうのしまのだいぼうけん」を見ました

あわせて読みたい
2018映画しまじろうの来場者プレゼント
2歳8ヶ月の娘と、2018年のしまじろう映画「まほうのしまのだいぼうけん」を見ました結論、しまじろうの映画は初めての映画館デビューにおすすめの内容でした!この記事では来場者プレゼント、2018年のしまじろう映画の内容(少しネタバレ含む)と私の感想、まだ3歳にもならない娘が楽しめたのかどうかを簡単にまとめます。...

結論:らむりんが卒業した理由

「みみりんとの女の子かぶり」という説明は、個人的にはベネッセ側の建前なのではないかと考えています。

私の考えるらむりんが卒業した理由、それは…

  1. ワーキングマザーなど、時代に合わせるため新しい家庭事情を持つキャラクターを作る必要があった
  2. 「らむりん」という名前「らむ」が食用肉を表す言葉
  3. 羊が動物として子供にあまり認知度・人気がない

この3つです。

そしてこれらは全てこどもちゃれんじの世界展開を見据えての理由のように思います。

世界中で愛されるキャラクター・アニメにするには今の時代の家庭環境・宗教にも考慮する必要があったのですね。

まとめ

しまじろう達と24年間も一緒だったらむりんとのお別れ

それはかつて教材に取り組みアニメを見ていた、現在大人になった人たちにとっても悲しい出来事だったようです。
検索するとたくさんのらむりん卒業を惜しむ声が出て来ました。

それだけ愛されていた、らむりん。

長年一緒だった存在でも、突然遠く離れたり会えなくなってしまうことは現実の世界でも多々あります。生きていく上で様々な形でお別れはやってきますが、らむりんというキャラクターがいて一緒に育った子供たちが数多くいることには変わりありません。

「こどもちゃれんじ」は幼児向けの教材ですが、らむりんは卒業を通して大人にもまた何か大切なことを教えてくれたのかもしれないですね…!

あわせて読みたい
2018映画しまじろうの来場者プレゼント
2歳8ヶ月の娘と、2018年のしまじろう映画「まほうのしまのだいぼうけん」を見ました結論、しまじろうの映画は初めての映画館デビューにおすすめの内容でした!この記事では来場者プレゼント、2018年のしまじろう映画の内容(少しネタバレ含む)と私の感想、まだ3歳にもならない娘が楽しめたのかどうかを簡単にまとめます。...