おすすめ&レビュー

しかけ絵本5種類をご紹介!飛び出す、切り絵、動く写真など

貰ったり買ったりで私が実際に持っている楽しいしかけ絵本5種類をご紹介します。

パペット付き、飛び出す絵本、立体切り絵、写真が動いて見える…など楽しいしかけがいっぱい。
子供はもちろん、大人にもコレクションとしておすすめしたい絵本もあります。

タイトル頭に【赤ちゃんから】などと個人的に勧めたい年齢を付けていますので参考にどうぞ!

【赤ちゃんから】スヌーピーむぎゅっとハグえほん

絵本にパペット人形がついた絵本。

しっかりした厚紙なので重いのとページがめくりにくいのが難点ですが、ちょっと引っ張ったくらいでは折れません。

ストーリーは特にありません。
「だいすき」「かなしい」「うれしい」からハグ!!
…と感情を表現する内容になっています。
単純な内容だからこそ、ストーリーにしばられず自由に赤ちゃんに話しかけながら遊ぶのにぴったりの絵本です。

いろんな場面、キャラクターが出てくるので大きくなったら
「この子は今何をしているのかな?」
「このページにはお花が何個あるかな?」
など、話しかけの内容も変えれば長く遊べる絵本になりそうです。

 

【2歳から】まどあけずかん―いきもの/たべもの/のりもの/英語つき (小学館の図鑑NEO)

全てのページにペラッとめくるしかけが施された絵本です。(全部の食材がめくれるようになっているわけではありません)

個人的には2歳頃からがおすすめ
厚紙ですが1歳前半だとまだ力加減がわからずに窓部分を折ったり破いたりするかもしれません。

この図鑑シリーズ、イラストがキレイ・かわいいので見ているだけで飽きません。文字が読めなくても楽しめます。

 

食材をめくって中身を見るページを基本に、下の画像のような「つくってみよう」と遊べるページもあります。このページにあるハンバーガー作りが娘の一番のお気に入り。

 

「たべもの」の図鑑はこのような食材イラストだけではなく、ピクニック・レストランなど場面のイラストもあり見てて飽きない構成になっています。

食材イラストと場面のページの割合は半々くらいです。

全てに英語のつづりとカタカナでの読みが付いているので英語教育にも役立ちそうです。

 

「いきもの」の図鑑もすべてに英語が付いています。

イラストのテイストは2種類。この割合も半々くらいです。
紙でコラージュしたようなキレイな動物たちと…

こちらが手書きイラストのページ。

どちらも丁寧に描き込まれていてわかりやすい。
内容もすごく良くて、ただ分類分けしたような図鑑ではなく「そっくりな動物」「たまごから生まれる動物」「オスメスの見比べ」など様々な角度から知識をまとめてくれています。

十分、大人も一緒になって楽しめる図鑑です。

 

私は持っていませんが「のりもの」の図鑑もあります。
2人目が男の子だったからどうせなら最初から3巻セット買っておくんだった…(後悔)

 

【3〜4歳から】ようせいのおしろのぶとうかい

娘の3歳のクリスマスプレゼントとしておばあちゃんからもらった絵本です。

はじめの方にお城の話が数ページあります。
細かい紙人形がたくさんあるので私はジップロックに入れて絵本と一緒に収納しています。

絵本を360度クルッとまわしてリボンで結べば、お話に出てきたお城の4部屋が登場します!

イラストはカラフルで細かくてうっとりする美しさです…!
ドアの裏、壁の奥、天井まですべて丁寧に描き込まれています。

4つの部屋はドアで繋がっており、娘もお城の生活ごっこをして楽しく遊んでいます。
3〜4歳の女の子のプレゼントにぴったりです。

同じ作家さんのシリーズがたくさんあるようです。
これだけ種類があると選ぶのも楽しいですね!

 

【小学生頃から】王妃たちの物語

こちらは小学生以上の女の子におすすめのしかけ絵本。

歴史的に名を残した5人の王妃についての物語について、ワンシーンを立体的な切り絵で表現しています。

薄く手触りの良い紙で繊細な切り絵が何枚にも重なっています。
丁寧に扱わないと切り絵部分が破損しやすいので要注意。

美しい・おしゃれな物が好きな子、キャラクターのプリンセスものが好きな子に「過去に実在した本物のプリンセスの物語だよ」というアプローチでプレゼントするのもいいかもしれません。

 

【子供から大人まで】ポーラー

絵本なのに動いて見える!動画みたい!と大人も子供もびっくりするしかけ絵本です。

上のリンク先は日本語版ですが、私は洋書版を持っています。
↓写真だと伝わりませんが、ページを動かすと赤ちゃん熊がおかあさん熊にじゃれつく様子が動いて見えます。

これはPhoticular(フォティキュラー)という特殊技術だそうです。

昔よくお菓子のおまけに角度を変えてみると絵が変わるステッカーが付いてて、爪で表面をこするとシャカシャカ音がしていましたが、この動く写真もそれと似たような質感です。
こちらの方がフィルムが重なっていたり複雑な構造のようですが、似たような原理なのかなと思いました。

我が家に遊びに来てくれる大人に見せてもみんな「おぉ!動いてる!」と少し感動の声をあげてくれます。もちろん子供にも大ウケですよ。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA