子育て

【年度途中で保育園入園】10月入園の体験談とメリット・デメリット

Kindergarten

私の娘は待機児童でしたが、2歳4ヶ月になった2017年10月度から年度途中入園として保育園に入る事ができた体験談です。

スケジュールや年度途中の入園は市によってルールが違いますので、あくまで例としてご覧ください。

少しでも誰かの参考になれば幸いです!

突然届いた入園決定の通知!

2017年4月度から1歳クラスに入園したかったのですが、あえなく待機児童になりました。

次年度の4月にかけるしかないと思って過ごしていたところ…

9月20日頃、市から一通の手紙が届きました!

  • 空きが出たので10月から入園できるということ
  • 1週間後には保育園での面談
  • 10月1日から慣らし保育スタート

役所から電話での連絡はありませんでした。封書で突然通知された入園決定!

確かに保育園待機の書類が届いたとき“保育園の空きが出た場合は毎月20日頃に対象者へ入園通知をする”と書いてあったのですが、もう諦めて次の4月まで無理だと思っていたのでびっくりでした。

初登園日まで時間がないのでここからは大忙しでした。

約10日間しかない!ドタバタ入園準備

とりあえず職場に連絡

私の住んでいる市では入園した月の翌月10日までに職場復帰するルールです。

10月1日入園だと職場復帰は遅くても11月10日まで。

私はキリがいいので11月1日復帰を希望しました。

これに関してはスケジュールにゆとりがあるため、細かなことを人事の方と確認しながらゆっくり準備することができました。

園で購入する物以外にも買うものがたくさん!

保育園バッグ・帽子・連絡ノート・お絵かきノート…など規定の備品は保育園でまとめて購入しました。5,000円ほどだったと思います。

その他に購入したものはこちら。

  • 食事用エプロン
  • ループ付きタオル
  • 服(肌着・カットソー・ズボン)
  • 避難用に常備しておくためのスニーカー
  • 電動自転車
  • 電動自転車のチャイルドシートレインカバー
  • 子供用ヘルメット
  • 私のカッパ

服はお着替え用ストックを2セット置いておかないといけないので買い足しました。ユニクロが便利です。

私の場合、徒歩では行けない距離なので電動自転車を購入しました。選んだのはヤマハのPAS Babby unです。その他レインカバー、ヘルメット、カッパの用意でかなりの出費になってしまいました。

電動自転車は店頭に見に行きましたが、好みの色の在庫がなく取り寄せだと10日かかると言われたので結局ネットで購入しました。それでも届いたのが初登園日前ギリギリだったのでヒヤヒヤしました。

入園が決まってから電動自転車を購入する場合は、届くのに時間がかかるためすぐ購入した方がいいです。

意外と悩む「名前つけ」の方法

だいたいの保育園では服のタグ部分に名前を書く決まりになっていると思います。

一番簡単なのは油性ペンですが、洗濯するとにじんで落ちてしまうデメリットがあります。

アイロンで付けるシール、お名前の刺繍をオーダーしたタグなど少し凝った名前つけの方法もあります。

ちなみに私は白いマスキングテープに油性ペンで書きタグに貼付ける方法で統一しています。

名前つけにこだわりがあって刺繍タグ・シールをオーダーメイドしたい人はあらかじめ作っておきましょう。

病院で診断書を書いてもらう

面談の日に提出する書類として健康診断書が必要でした。小児科に事前に電話して健康診断を受け、所定の用紙に診断内容を記入してもらいました。

母と娘、心の準備

今まで平日は毎日2人きりで遊んだり食べたりお昼寝したり…

自由に過ごしていたのが突然生活リズムが変わるわけですから、事前に娘によく説明するように心がけました。

  • 10月からお母さんは仕事に行くこと(本当は11月からだけど)
  • 保育園は今までよく行っていた児童館のようなもので、お友達と先生がいること
  • おもちゃで遊んだり、お散歩したり、おいしい給食をみんなで食べたり…楽しいことがいっぱいあること

初登園の前日には「保育園行くのー!先生いるよー!」と楽しみにしている様子も見られて少し安心しました。

ドキドキの慣らし保育…入園後の様子

初めは給食前の2時間まで、その後お昼寝後まで、おやつの時間まで…と1週間かけて徐々に時間を延ばして行きました。

慣らし保育の方法は4月入園とほぼ変わりありません。

娘は初めの3日間、園に行くと表情が固まって一言もしゃべらず少し心配しました。

お迎えに行くと「クレヨンしたの〜、あとは〜…」とその日にあったことを話してくれていたのでとても緊張していたんだと思います。

4日目、お友達がみんなお昼寝に入ってしまって起きているのが娘だけになったとき、先生に突然ベラベラと話し始めたことをきっかけに会話も増えて表情も豊かになったようです。

慣らし保育終了の頃にはすっかりクラスになじんで一安心でした。

年度途中の入園メリット・デメリット

メリット:
ある程度保育園に慣れたクラスのみんなに受け入れて貰えるという形になるので、本人にとっても心理的負担が軽くなるのではと思います。

4月入園のときはクラスみんなが保育園に慣れていなくて朝は大騒ぎ。先生たちも一人ひとりに付きっきりでの対応は難しいです。

年度途中の入園では、すでにクラスにいる子たちは保育園に慣れているため、新しく入ったまだ慣らし保育の子として先生にも注意深く見てもらえるメリットがあります。

デメリット:
先にも書いたように、とにかく準備期間が短いです。
また、年度途中なので入園式はありませんでした。初登園日から慣らし保育にいきなり入るため、少々区切りが悪いと感じる人もいるかもしれません。
(娘の園では翌年2018年4月の入園式に参加できました。)

まとめ

要点まとめ

◆通園に必要な物をリストアップしておく

◆名前つけにこだわる人は準備しておく

◆子供への説明・フォローを忘れない

毎日子供と格闘しながら過ごしていると忘れてしまいますが、保育園待機とは翌月からどこかの保育園に通える可能性があるということでもあります。

嬉しいことですが、年度途中の入園通知は突然やってきます!できるところは事前に準備しておくといいですよ。