子育て

保育園のメリット・デメリット10連発!私が感じた入園後の変化

娘は2歳4ヶ月の頃から保育園に通いはじめて現在11ヶ月目です。

これまでにわかった保育園のメリット・デメリットをバーッと書き出してみました。
今ではすっかり園での生活にも慣れて娘なりに毎日楽しんでいる様子。

幼いころから保育園に預けることについては賛否両論ありますが、私は保育園に通わせて良かったと思っています。

これから仕事復帰される方や保育園に預けるか迷っている方などに、何か少しでも参考になれば嬉しいです。

メリット◎ いろんな歌やダンスを覚える(季節感)

その月の歌・ダンス・手遊びなど本当にいろいろなことを覚えてきます。
保育園から帰ってきて、覚えたことを披露してくれる姿は可愛くてたまりません!

自宅保育のときも、私なりに音楽に触れあるよう気を遣ってはいました。
例えば「おかあさんといっしょ」の歌を歌ったり、しまじろうのDVDで覚えたダンスを一緒に全力で踊ってみたり。

それでもやっぱりバリエーションに限界があって、日本ならではの様々な季節行事をすべてクリアすることもできませんでした。。

今では保育園で習った歌・ダンスなどを通して自然と季節感が身に付いているようです。

 

メリット◎ お友達とのコミュニケーション

やっぱり毎日同じ仲間と過ごす中で、1回きりのコミュニケーションでは生まれない様々な感情が出てくるようです。

  • お友達とおもちゃの取り合いでケンカ(定番)
  • ○○ちゃんと手を繋ぎたかったのにすでに別の子と繋いでいて号泣
  • 前日は○○くんが風邪でお休み…「今日は来るかな?」と心配する

などなど。ケンカなど小さな事件も多々ありますが…。

娘の場合、すごく人見知りするため児童館でその日初めて会った子とは一緒に遊べないタイプでした。(誰かが近づいてくると逃げてしまう)
だからこそ、うちとけたお友達と深いコミュニケーションが取れるのは大きなメリットです。

 

メリット◎ 言葉が増えた

もともと赤ちゃんの頃からの発語は早かったタイプです。
2歳4ヶ月で入園する時点で大人が話す内容はだいたい理解できていました。

そして保育園に入園して一気に2語文から3語文へ。

○○ちゃんと手ぇ繋いだ!
おやつのリンゴおいしかった!

というかんじで、その日に保育園であったことをベラベラとしゃべるようになりました。

 

メリット◎ 一人でお着替えができるようになった

私、何も教えてないのにいつの間にか全て一人でお着替えできるようになっていました。

もちろん娘が独自に習得したのではなく、先生が手取り足取り教え込んでくださったおかげです。

今は汗でベタついた肌着がなかなか脱げずにイライラしている娘をよく目撃しますが、基本的に着替えを並べておけば自分で全部着てくれるのでものすごく助かっています。

 

メリット◎ トイレトレーニング進めてもらえる

必ずみんなが通る試練、トイレトレーニング!

娘のやる気を大切にしながら、保育士さんが一緒に進め方を考えてくれます。
困ったときに相談できる相手がいるのは本当に心強いです。しかも娘のことをよくわかってくれているので最強。

娘のトイレトレーニングはスタートはかなりスムーズでした。
トイレでおしっこができるお友達につられて、娘もいきなりおしっこ成功!
3歳1ヶ月になった今はウンチがトイレで出せず困っていますが、「ウンチ出る!」と申告があったらとりあえず便座に座るだけでも座らせてみるという方法で見守っているところです。

これまでのトイレトレーニングをまとめた記事はこちら↓

あわせて読みたい
3歳0ヶ月女の子、ゆるくトイレトレーニング中【頻繁におしっこ・快便タイプ】3歳0ヶ月の娘、現在トイレトレーニング中です。 赤ちゃん時代から頻繁におしっこするタイプだったので、オムツがはずれるのは時間がかか...

 

メリット◎ 雨の日でも夜ぐっすり寝るようになった

保育園に行くようになってから、雨の日でもよく眠るようになりました。

雨の日って、家の中で体操など体を動かすようにしてもやっぱり体力が余ってしまうんですよね。布団に行ってもなかなか寝なかったり、夜中に目が覚めてお遊びタイムが始まってしまったり。。

保育園では家より広い教室でマット運動やダンスなど激しい運動もできるので夜もコテンと寝入って、朝までぐっすり寝てくれるようになりました。

 

デメリット× 入園後、進級後の夜泣き

さっき雨の日もぐっすり寝てくれるようになった…と書いたばかりですが、それは落ち着いてからの話。

10月に年度途中で入園したとき、かなり激しい夜泣きがありました。寝かしつけのあと、家事のためソッと抜けるとすぐにバレてギャン泣き。夜中も毎日2、3回は起きてギャン泣きでした。

1ヶ月くらいしてようやく普通に眠れるように。

そして、4月に1歳クラスから2歳クラスへ進級したときにまた夜泣き復活。
担任の先生が変わり、新しい教室で、新しいお友達も増えて、いろんな点で環境が変わったことがストレスになったようです。

 

デメリット× 風邪やウイルスをもらってしまう

入園〜現在、11ヶ月の間にインフルエンザ・アデノウイルス・溶連菌をもらってきました…。

保育園に入園するまでは普通の風邪しか引いたことがありませんでした。
ウイルスの感染力は強いです。保育園の洗礼は避けられません…。

 

デメリット× やっぱりケンカ・怪我はある

入園してすぐの頃はよくお友達とケンカをしていました。
おもちゃの取り合いでほっぺにカスリ傷、おでこにアザを作ってきたこともあります。

今でもたまにありますが、徐々に【言葉で伝える】【手を出さない】を守れるようになってきていると先生も言っていました。

 

デメリット× 下品な言葉・イタズラ・変顔を覚える

ふざけているだけなのでデメリットというほどでもありませんが…!

ちんちん触っちゃおーー!!

とか言うようになります。(私も旦那も教えてないのに)
1人娘で下品な言葉に触れる機会がなかったので、いろんなおふざけの方法を保育園でインプットし、家では全力でアウトプットしてくれます。

まぁ、、視野が広がったと思えば…メリットでもあるかもしれません…!(下品ですけど)

まとめ

以上、私の感じた「保育園へ通うことのメリット6つ・デメリット4つ」をまとめました。

娘にとっては本当は母とずっと一緒に遊ぶのが一番なのかもしれない。
お友達とのコミュニケーションなんて、もう少し大きくなってからでも十分なのかもしれない。

でも、私は今働くことを選びました。

保育園に通うと良いことも悪いこともたくさん学んできます。
この11ヶ月間、私と過ごしているだけでは得られなかった成長がたくさんありました。

「今この年齢でいろんな経験をして視野を広げることは、絶対に無駄じゃない。」

そう思って私は明日もまた娘を保育園に送り出します。

あわせて読みたい
Kindergarten
【保育園に途中入園】10月入園の体験談とメリット・デメリット保育園へ途中入園した体験談です。わずか10日間の準備期間にしたこと5つ、慣らし保育の様子、年度途中で入園することのメリット・デメリットをまとめました。(2017年10月度、2歳4ヶ月で入園)...
あわせて読みたい
Cry
「叩かれた、頭痛い、保育園行きたくない」と言う娘。まさかの原因は私の声かけだった。保育園に通って4ヶ月の娘、初の保育園行き渋り!よくよく考えてみたら原因は私にあったのでは…という話です。最初はどうしたものかと対処・対応に困ってしまいました。本当の意味で“娘の話を聞く”ことが出来ていなかった私の失敗と反省をまとめました。...
あわせて読みたい
保育園の運動会!初めての大きな緊張を乗り越えた2歳娘のエピソード2歳11ヶ月の娘が保育園の運動会で、初めての緊張を乗り越えて少しだけ成長したエピソードです。毎日運動会の練習をがんばっていたようなので私も当日をとても楽しみにしていました。「今日はかけっこしたよ!」と毎日練習の報告をしてくれていたのに、当日朝になると少し様子が変になって…!?...